健康を手にいれよう!(ver03)ちいさな保健室

こわいプラーク

1話、2話と食事と運動についてお話をしてきました。

今回は、なぜそれらが大切なのかもう少し詳しくお話します。

良くない食生活と運動不足によって、血管は老化します。

血管の老化とは、血管に弾力性や厚みがなくなり、しなやかだった血管が硬いゴワゴワの状態になることを言います。

血管が硬くなると血液の流れが悪くなり、コレステロールなどが血管の壁に付着、プラークと呼ばれるお粥状の塊になります。

プラークがどんどん大きくなると、血液の通り道が塞がれたり、破裂したりします。

プラークが破裂して傷口ができると、そこに止血役の血小板が集まり、傷を修復しますが血の塊(血栓)もできます。

この血栓がその場で血管を詰まらせることもあるし、血流に乗って心臓や脳や肺に運ばれ、そこで血管を詰まらせると、寝たきりや突然死を招く心筋梗塞、脳卒中、肺栓塞症が起こります。

プラーク、こわいですね。

安価な商品に使用される、マーガリン、ショートニング、ラードなどの動物性油脂がプラークを作るともいわれています。

 

では、できてしまったプラークはどうすればいいでしょうか。

プラークを分解(溶かす)すればいいのです。有効なのは、運動と赤紫のものを食べることです。

食事と運動大切ですね。

細胞は、120~180日で生まれ変わるので傷んだ血管が修復される可能性があります。

但し、長年かけて溜まったプラークはなかなか取れないので、病院で診てもらいましょう。

 

スクワットの効果!?

筋肉痛になる手前の状態でスクワットを続けています。

ふくらはぎと腿の後ろに筋肉が付いてきたように思います。

筋肉が出来てくると、動くことが苦にならなくなります。

そんなに、急にはかわりませんが(笑)

かの 名女優 森光子さん もかかさずスクワットをされていたそうです。

森光子さんは、朝75回、夜75回 一日150回のスクワットを日課にされていたそうです。

 

まだまだ、あまかった。。。